書籍詳細 書籍詳細

ゆきおくんの初恋

ゆきおくんの初恋 ゆきおくんの初恋
発行年月 2015年7月刊行
価格 定価 本体 1,300+税
判型 AB判
装丁 上製
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-87290-955-5
内容紹介

戦後70年企画
まさに、現代版「二十四の瞳」

舞台は戦後の沖縄。貧しくも懸命に生きる少年と、それを支える女性教員との、心温まる師弟愛の物語。

まん丸の目をして、まっくろい顔のゆきお君
今日も未知子先生を困らせてばかり……。
でも、そこには、とても悲しい理由が、あったのです。

~あらすじ~
未知子先生は小学校の先生。そのクラスに、ゆきお君がいました。花壇の花を抜いたり、先生の物を盗んで売ったりと、未知子先生を困らせてばかり。「なぜ悪さばかりするのだろう?」そう思った未知子先生が、ある日家庭訪問に行くと、年老いた祖父と祖母を看病する、ゆきお君の姿がそこにはありました。様々な苦労を重ねて、初恋や夢を抱き、大人へと成長してゆく少年と、その少年を愛情いっぱいに見守り育てる一人の先生の師弟愛とは。

著者紹介

安田 未知子(やすだ みちこ)

東京都港区生まれ。
両親とともに 8 歳で沖縄に渡る。戦後、沖縄初の女性英語教官となり、自身の子を5人育てながら、貧しく教育やしつけが行き届かない生徒を家に住まわせ、43 人の子どもを巣立たせる。
83 歳になる今も、介護老人保健施設いずみ苑の苑長として活躍しており、「沖縄のマザーテレサ 」と呼ばれている。

日隈 みさき(ひのくま みさき)

1986 年生まれ。
三重県四日市市出身。
大阪デザイナー専門学校を卒業後、関西を中心に活動。第13 回ピンポイント絵本コンペにて、最優秀賞を受賞。
主な作品に「ゴリラでたまご」(小社刊)がある。