書籍詳細 書籍詳細

社会の闇をえぐる本 既4巻

社会の闇をえぐる本 既4巻 社会の闇をえぐる本 既4巻

弊社在庫ございません

発行年月 2014年4月刊行
価格 定価 本体 6,400+税
判型 四六判
ISBN 978-4-87290-802-2
内容紹介

学校図書館向シリーズ

あなたが知っている社会とは本当の姿?誰もが知らない社会の裏側を知っている人たちが余すとこなく語っているシリーズです。

著者紹介

岩瀬 博太郎(いわせ はくたろう)

千葉大学大学院法医学教室教授・法医学者。
1967年、千葉県生まれ。東京大学医学部卒業。同法医学教室を経て、2003年から現職。日本法医学理事。千葉県内に出る変死体のうち、年間200体以上の解剖を行う。メディアを通じて、現在の日本における死因究明制度の不備を指摘し続け、また、法医学の世界の窮状を打破すべく国会に働きかけるなど、日々走り続けている。著書に『焼かれる前に語れ』(WAVE出版)がある。

柳原 三佳(やなぎはら みか)

ジャーナリスト・ノンフィクション作家。
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演、テレビ出演等を行う。
2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。

石渡 正佳(いしわたり まさよし)

1958年生まれ。
日本大学経済学部卒。1981年に千葉県入庁。
社会福祉、予算、医療などの担当を歴任した後、1996年から産業廃棄物行政を担当し、現在千葉県で活躍している産廃Gメン「グリーンキャップ」の創設にかかわった。
2001年には、全国でも最大級の不法投棄常襲地帯といわれた銚子地域の監視チームリーダーとして、短期間で同地域の不法投棄ゼロを達成した。
専門は財務分析で、税務調査的な立ち入り検査手法によって集められたデータの分析によって、不法投機常習犯地帯といわれた銚子地域の監視チームリーダーとして、短期間で同地域の不法投棄ゼロを達成した。専門は財務分析で、税務調査的な立入検査手法によって集められたデータの分析によって不法投棄の実態やアウトローの経済を構造的に解明した著書『産廃コネクション』(WAVE出版)が話題を集めた(2003年日経BP-BizTech図書賞受賞)。
現在、現役公務員として、不法投棄を撲滅するための経済界を巻き込んだ取り組みや、地方自治改革などについて、全国的な講演活動を展開している。
その他の著書に『不法投棄はこうしてなくす―実践対策マニュアル』(岩波書店)、『利権クラッシュ』(WAVE出版)など。

ハービー・M・ワインスタイン ワインスタイン(はーびー・M わいんすたいん)

1942年カナダ生まれ。
マッギル大学(カナダ)、イエール大学卒業後、精神科医に。

苫米地 英人(とまべち ひでと)

1959年東京生まれ。
脳機能学者・計算言語学者・認知心理学者。
カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、カーネギーメロン大学CyLab兼任フェロー、実業家。
著書は『洗脳言論』(春秋社刊)、『コンフォートゾーンの作り方』(フォレスト出版刊)、
『脳を鍛える「超」記憶法』(アスコム刊)他多数。訳書に『CIA洗脳実験室―父は人体実験の犠牲になった』(小社刊)がある。