書籍詳細 書籍詳細

シナリオで選ぶ投資信託

シナリオで選ぶ投資信託 シナリオで選ぶ投資信託

弊社在庫ございません

発行年月 1998年11月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 191ページ
ISBN 978-4-87290-037-8
目次

はじめに

序章――投資信託は「シナリオ別投資法」で選べ!

第1章――日本市場に注目した3つのシナリオ

・シナリオA 経済対策が功を奏し急ピッチで日本経済は回復、株価は大きく上昇へ
・戦略1 インデックスファンド
・戦略2 日本株ブル型ファンド

・シナリオB 経済対策の効き目は弱く、日本経済は回復と低迷の両兆候を呈して玉虫色。株式市場はレンジ相場で推移する
・戦略1 業種選択型ファンド
・戦略2 フリー運用型ファンド

・シナリオC 日本経済はデフレスパイラルに突入、円は再び下落し、株式市場は暴落する
・戦略 日本株ベア型ファンド

・投資信託選びのヒント1……株式型投資信託への投資は長期スタンスで

第2章――アジア市場に注目した3つのシナリオ

・シナリオD 懸念材料が少しずつ払拭され、アジア経済は緩やかに回復する
・戦略 アジア・オセアニア型ファンド

・シナリオE 経済回復のペースは各国によって違うはず。自分の選んだ国に集中投資を行いたい
・戦略 アジア・オセアニア単独市場型ファンド

・シナリオF 円安が進んで、中国元切り下げ問題が台頭。中国発の経済危機がアジアを再び襲う
・戦略 香港株ベア型ファンド

・投資信託選びのヒント2……ベア型ファンドはレンジ相場に弱い

第3章――米国市場に注目した3つのシナリオ

・シナリオG 構造的な年金マネーが戻り、米国株式市場は再び高値圏へ
・戦略1 国際株式型北米型ファンド
・戦略2 米国株ブル型ファンド

・シナリオH 全体的には調整が入るものの、選別された銘柄が引続き値を上げる相場が展開される
・戦略1 国際株式型北米型ファンド(小型成長株)
・戦略2 投資特化型ハイテク・技術ファンド

・シナリオI 米国株式市場は今後、大幅な調整局面を迎える
・戦略 米国株ベア型ファンド

・投資信託選びのヒント3……為替リスクをいかにカバーするか

第4章――欧州市場に注目した3つのシナリオ

・シナリオJ 欧州各国の決意は固く、通貨統合は成功を収める
・戦略1 外国株欧州投資型ファンド
・戦略2 欧州投資型ブル型ファンド

・シナリオK 通貨統合は成功するものの、域内での競争激化で強者だけが生き残るサバイバルゲームが展開される
・戦略 外資系運用会社の運用する欧州投資型ファンド

・シナリオL 通貨統合の矛盾点が噴出してユーロ崩壊の危機を迎える
・戦略1 欧州市場を対象としたベア型ファンド
・戦略2 英国株に集中投資するファンド

・投資信託選びのヒント4……為替に投資する変わり種ファンド

第5章 リスク軽減に注目した2つのシナリオ

・シナリオM ひとつのファンドでリスク分散効果を持つグローバル・エクイティ・ファンド
・戦略 グローバル・エクイティ・ファンド

・シナリオN 性格の異なる投資対象をポートフォリオに加えてリスクを分散
・戦略 金鉱株・資源株ファンド

・投資信託選びのヒント5……リスクに対する許容度

第6章 債権型投信に注目した3つのシナリオ

・シナリオO 信用リスクをとって高いインカムゲインを狙う
・戦略 毎月分配型ファンド

・シナリオP 世界の債券市場に分散投資して高収益を狙う
・戦略 債権外債型ファンド

・シナリオQ 長期金利の動向を予測して高収益を狙う
・戦略 債権ブル型・債権ベア型ファンド

・投資信託選びのヒント6……リスク・リターン表

第7章 外国投信に注目した3つのシナリオ

・シナリオR 外国投信の第1歩はMMF(マネー・マーケット・ファンド)から
・戦略 外貨建てMMF

・シナリオS 実績豊富な世界のファンドに投資する
・戦略 世界株ファンド

・シナリオT 国内投信にはない元本確保型
・戦略 元本確保型ファンド
 
・おわりに 投信資料館のフル活用を――ウェブマスターからのあいさつ

〈付録〉 投資信託用語集

著者紹介

飯島 由美子(いいじま ゆみこ)

上智大学外国語学部比較文化学科卒。
法政大学大学院経済学修士課程修了。
ガザノブ証券会社調査部勤務を経て、スタンダード・アンド・プアーズMMS入社、金融市場分析を担当。東京支店ヘッド・オブ・アナリスト。1996年同社を退職後、株式会社トーキョー・インベスター・ネットワークを設立し、1週間に3万回を超えるアクセスのあるインターネットの人気サイト「投資資料館」を運営。
著書に『投資信託のポイントはこれだ』『インターネットで楽しむお買い物ガイド+α
』(日本法令)がある。

投資資料館 http://www.toushin.com