書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • エッセイ
  • 「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本
  • ホーム
  • 子育て
  • 「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本
  • ホーム
  • 恋愛
  • 「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本

「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本

「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本 「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本
発行年月 2020年5月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六版
装丁 並製
ページ数 224ページ
ISBN 978-4-86621-287-6
内容紹介

女性としてちゃんとしなきゃ、母親としてちゃんとしなきゃ、娘としてちゃんとしなきゃ、と
“頑張る教”“ちゃんとしなきゃ教”にかかっている多くの女性を救う本。

頑張りすぎる女性に、タブーを持たないあさぎさんが、
例えばお風呂に入らない、洗濯しないなど…
「え!それでいいの?」と思うことを、納得の理由で解いていく。

一作目で独自の恋愛・家庭・仕事論を展開し、発売約5か月で4刷り、と好評な著者がさらに女性の生活に踏み込み、
「タブーや倫理観」をすっ飛ばします。

かつては…
身の丈にあう幸せはこの程度だと思い込み、
唯一の夢は「せめて人並みにちゃんとすること」。
それができない自分を責め、
「きっとこんな努力じゃ足りないんだ!」って思ってました。

……という著者が、自分をすり減らさなくても、欲しいもの以上が手に入る生き方をレクチャー!

目次

はじめに

プロローグ~女の人生、ちゃんとするほどハードモード化
1 幼少期~高校受験
2 高校~DQN時代
3 留学~転職~専門学校~婚活
4 自暴自棄のあとの世界

ーーーーーー
第1章「ちゃんと」で人生、迷宮入り
ーーーーーー
あなたは100%つかれている!
・疲れ診断チェックリスト
疲れているときの「したいこと」は99%幻想!
疲れをなくすための2ステップ
1睡眠を削るのは非効率
2削っていいのは仕事・生活・家事育児

ーーーーーー
第2章 仕事編~「ちゃんと」をやめたら評価アップ
ーーーーーー
仕事においての「ちゃん卒」ポイント
まず8時間労働に疑問をもって
有給・仮病で人生好転
「苦手だけど頑張る」って実は迷惑
あなたの我慢、会社のためになってないかもよ
転職サイト登録はビジネス人のたしなみ
経歴書は盛らなきゃ損。成長できるオマケ付き
職場メンヘラは潤滑油
モヤモヤしたら「ちゃん卒」チャンス!

ーーーーーー
第3章 マインド編~「ちゃんと」呪縛から自由になるには?
ーーーーーー
昼寝レベルでも、人の誘いを断ってみる
「飽きっぽい」は行動できる才能
ブレるのは進化の証
プライベートでもメンヘラで魅力開花
謙虚なフリこそ、モテない理由
親への遠慮・気遣い、本末転倒
罪悪感は悪いフリ。だけどそこに原石あり
・短所も自分らしさ開花の鍵

ーーーーーー
第4章 家庭編~「ちゃんと」してる場合じゃなかった!
ーーーーーー
家事も育児も苦手な人、意外と多いよ
家事は週3時間で大丈夫だった
栄養より優先すべきは体調
子どもの食事、手作り崇拝は必要?
しなきゃいけない子育てなんてほぼない
母乳神話は、本当に神話なのかも!?
寝かしつけは日本人の無駄な努力っぽい
iPadは好きなだけ見せてみる
「周りに鈍感」くらいがちょうどいい
イライラしたらタスクを減らすべし
「自分最優先」が育児に効いた!
妻の「ちゃんと」が夫や子供を不幸にしてる
・夫に話して「ちゃんと」を手放す

ーーーーーー
第5章 恋愛・結婚編 〜「ちゃん卒」はモテ女への進化
ーーーーーー
そのオシャレ、その洗濯、本当に必要?
毎日のお風呂は美容に悪い!?
ノーファンデが楽チン美肌の近道だった
複数人と同時交際、は合理的
「結婚後もお互い恋していい」としてみる
セックスレス=不幸じゃなかった
離婚を後悔している人って、いなくない!?

ーーーーーー
第6章 お金編 〜「ちゃん卒」したら増える法則
ーーーーーー
人生を支配する「お金」から自由になるには?
欲しがらないと、お金はこない
「副業禁止」を言い訳にできる時代じゃない
・バレたときの戦略1〜4
令和時代は「強欲=善」になる

ーーーーーー
これができたら「ちゃんと」を卒業
「ちゃん卒」検定

著者紹介

小田桐 あさぎ(おだぎり あさぎ)

株式会社アドラブル 代表取締役社長
魅力覚醒ラボ 主宰
1983 年札幌生まれ。出会って2 週間の男性と、2012 年に結婚。
第一子の妊娠中に「母、妻、社会人、女性、自分……すべてをワガママに両立したい」という思いからブログを開設する。
独自の恋愛・家庭・仕事論が好評を博し、月間30 万PVの人気ブログへ。コンサル依頼が殺到し育児休暇中に起業、10 ヶ月後に株式会社を設立。
「普通の女で終わらない」をキーワードに、誰もが持っている唯一無二の魅力と使命を自分の力で見つけ出すための「魅力覚醒プログラム」は170 名以上が受講。
満足度の高いカリキュラムとコミュニティ作り、また新時代のワーキングマザー像を提唱する活動が注目を浴びている。