WAVE出版 代表挨拶・会社概要広告ギャラリー書店様へ玉越直人の社長夜話サイトマップ
詳細検索
石井ゆかりの12星座シリーズ
ワークライフスタイリスト宮本佳実
インバスケット思考
WAVE出版 出版社日記
WAVE出版 児童書部門 うえいぶ
“子どものいじめ自殺をゼロにする”全国書店キャンペーン
“犬や猫の殺処分をゼロにする”全国書店キャンペーン
“子どものいじめ自殺をゼロにする”“犬や猫の殺処分をゼロにする”全国書店キャンペーン
新刊案内
近刊案内
女性エッセイ
美容の本
暮らしの本
趣味・実用
ビジネス
社会・ノンフィクション
こころの読みもの
外国文学
教育・受験
芸術・サブカルチャー
子育てシリーズ
犬猫の命を救うシリーズ
児童書
子どものいじめの本
学校図書館向シリーズ
リンク集
石井ゆかりの星座のことば
twitter始めました
facebookはこちら
書籍情報
純忠 日本で最初にキリシタン大名になった男
純忠 日本で最初にキリシタン大名になった男
清涼院流水
2018年1月刊行
定価 本体 1,700円+税
四六判 ハード 320ページ
ISBN 978-4-86621-119-0
その他のオンライン書店はこちら
 
清涼院流水 8年ぶりとなる小説は歴史エンタテイメント!

「人は、俺を人外と呼ぶかもしれぬ。だが、それが何であろう。」
歴史の闇に葬られたキリシタン大名の全貌が、今、蘇る!"

当時、異彩をはなっていたであろう大名・大村純忠について、
ラノベの先駆者とされる清涼院流水氏が7年の取材をもとに記した
渾身の歴史エンタテイメント。

30歳の時に大名として日本で初めて洗礼を受けた大村純忠(おおむら すみただ)。
純忠は、信長より1年早く生まれ、戦国時代を生き抜いた大村地方(現長崎県)の領主である。
ルイス・フロイスの手記によると、権威ある人物としては日本で最も早くキリスト教に改宗させ、
また、妻・おえんと共に日本で初めて西洋式の結婚式を挙げた。

その風貌は、信長より6年早く西洋風のマントをまとい、
首からは十字架をかけ戦場に出ていたといわれている。
大村をキリシタンの王国にすべく、臣下や住民をキリスト教に改宗させ、
領内の寺社仏閣を焼き払い、
宣教師(伴天連)との関係のために長崎港を開き、
天正遣欧少年使節を大友宗麟とともに派遣した。
実は、少年使節4名のうち3名は大村出身である。

純忠は領内でキリスト教を普及させ、その結果として
当時日本に15万人いたキリシタンのうち
【10万人が大村の民衆】だったといわれている。

純忠の死の翌月、秀吉が伴天連追放令を発布したことで
キリシタンたちは棄教を余儀なくされ歴史から姿を消した。
しかしそれから250年間、密やかな信仰は途絶えることなく
長崎大村の土地で生き続けていた。

その長い歴史の始まりとなる物語である。
清涼院 流水

1974年8月9日、兵庫県西宮市生まれ。

作家。英訳者。マンガ原作者。「The BBB(作家の英語圏進出プロジェクト)」編集長。

京都大学在学中の1996年、『コズミック』(講談社)で第2回メフィスト賞を受賞し作家デビュー。以後、小説、ビジネス書、ノンフィクション、英語学習指南書など70冊以上の著作と、原作を担当した関連コミックが12冊ある。

また、日本人の小説家やビジネス書著者の作品を英訳して全世界に発信するサイト「The BBB」を2012年12月にオープンして以降は、著者、英訳者、編集者として、これまでに130作品以上の電子書籍を刊行している。

TOEICスコア990点(満点)を5回獲得。

近著に、本書と同時刊行される『ルイス・フロイス戦国記 ジャパゥン』(幻冬舎)などがある

・The BBBウェブサイト日本語版
http://thebbb.net/jp/
序章 宿命のふたり
第一章 天狗の夜——山深い時の牢獄にて
第二章 軍神と、家臣と、いくさの日々と
第三章 天を伴うと称する者たち
第四章 新しき伴天連ルイス・フロイス
第五章 虚無からの帰還【大村館の変】
第六章 信仰と戦乱の十字【大村の海戦】
第七章 愛と死と激闘の果てに【長崎開港】
第八章 キリシタンの王国【三城七騎籠】
第九章 闇の中に輝く光【天正遣欧少年使節】
第十章 天国と戦国のドン・バルトロメウ
最終章 籠の外の鳥
補遺 それから
広告ギャラリー書店様へ会社概要玉越直人の社長夜話採用情報サイトマッププライバシーポリシーお問い合せ
Copyright(C) 2006 WAVE Publishers Co., Ltd. All Right Reserved.