WAVE出版 代表挨拶・会社概要広告ギャラリー書店様へサイトマップ
詳細検索
石井ゆかりの12星座シリーズ
ワークライフスタイリスト宮本佳実
インバスケット思考
WAVE出版 児童書部門 うえいぶ
“子どものいじめ自殺をゼロにする”全国書店キャンペーン
“犬や猫の殺処分をゼロにする”全国書店キャンペーン
“子どものいじめ自殺をゼロにする”“犬や猫の殺処分をゼロにする”全国書店キャンペーン
新刊案内
近刊案内
女性エッセイ
美容の本
暮らしの本
趣味・実用
ビジネス
社会・ノンフィクション
こころの読みもの
外国文学
教育・受験
芸術・サブカルチャー
子育てシリーズ
犬猫の命を救うシリーズ
児童書
子どものいじめの本
学校図書館向シリーズ
リンク集
石井ゆかりの星座のことば
twitter始めました
facebookはこちら
特集
WBCの内幕

著者photo リード文

【著者プロフィール】

本名:石島浩太


 日米を股にかけて日本人選手をメジャーリーグ入りさせた先駆者。スポーツビジネスコメンテーターとして活動しながら、講演・レストラン経営コンサルタント、そしてKOTA PROJECTとしてバンド活動を行うなど、マルチな才能で活躍中。2005年頃より性同一性障害でホルモン治療やオペを行い現在に至る。


【著者経歴】
1981年:

New York パーソンズ美術大学 卒業(デザインアートで世界的に有名な超難関校)

1984年: New York 大手広告代理店 入社 (アートディレクターとして現地採用)
1989年: 福岡ダイエー(現 ソフトバンク)ホークス 入団(担当 通訳・海外交渉・入団業務)
1993年: 西武ライオンズ 入団(担当 通訳・海外交渉・入団業務)
1989年: 福岡ダイエー(現 ソフトバンク)ホークス 入団(担当 通訳・海外交渉・入団業務)
1997年: ニューヨーク・ヤンキース 入団(環太平洋事業部長)
1998年: ダン野村 オフィス (エージェント業務)
1998年: ニューヨーク・メッツ 入団(スペシャル・メディア・アドバイザー)
2000年: ジャック坂崎 Sports marketing社(NYオフィス 部長)
2002年: 読売巨人軍 入団(北米・中米マネージャー、渉外担当)
2006年: WASSERMAN MEDIA GROUP社(ベースボール事業ディレクター)
2008年: 日本に帰国

【著者インタビュー】

著者photo

――コータさんとWBCとの関わりを教えてください。
第1回WBCの構想段階から関わりました。20年にわたる日米の野球界での経験を生かして、WBCの実現に向けてMLBと日本球界をつなぐ役目を担いました。
――コータさんが野球界に身を投じたきっかけは何でしたか?
1988年に当時のダイエーグループの会長だった故中内功氏からお誘いをうけたことがきっかけです。福岡ダイエーホークス(当時)に渉外・通訳として入団しました。

著者photo

――それ以前は、野球界とはまったく違う業種のお仕事をされていたとか。
はい。NYの美術大学を卒業した後、NYの大手広告代理店でアートディレクターをしていました。日本の宝飾ブランドや家電メーカーなどの広告制作物を手がけることが多かったです。
――ギターがお得意だとうかがっていますが…。
若い頃からギターが大好きで、独学で練習していました。今は、“KOTA PRJECT”というバンドでライブ活動を行っています。おもにハードロックやヒーリング 系ギターインストなどを演奏しています。

――野球界でも、ギターを弾く選手などいましたか?
ニューヨーク・メッツにいた時代、吉井理人選手やマイク・ピアザ選手とは音楽仲間でよくセッションしていました。忘れられない思い出があるのですが、あるときピアザ選手とオジー・オズボーンの話題で盛り上がったとき「ギタリストのザック・ワイルドに、試合前のセレモニーで国歌を弾いてもらえたら最高だろうな〜」という話しになったんです。そうしたらピアザ選手が本当にザック・ワイルドを連れてきてしまって。試合前のシェイスタジアムでザック・ワイルドが米国国歌を生で演奏してくれたときは、夢のようでした。

――コータさんの性=トランスジェンダーのことを聞かせてください。
物心ついたときから自分の性に違和感を感じてきました。どんなに好きな世界で活躍できても、そこでどんな成功を得られたとしても、自分の本来の姿を押さえ込んで生きるのはとてもつらいことです。私は、自分に正直に生きようと決意し、2005年頃からホルモン治療を開始しました。

――今後のコータさんの活動について教えてください。
今後は“KOTA PRJECT”で音楽活動を続けながら、今までの経験を生かしてスポーツビジネスの講演やメディアへの出演をする予定です。 私はやはり野球が好きです。その野球をファンの方たちに楽しんでもらうためにも、スポーツビジネス、スポーツマーケティングという分野は、日本でもっともっと浸透するべきだと思っています。そのために、私の経験が少しでもお役にたてばと思っています。

著者photo

――最後に、第2回WBCの見どころは?
なんと言っても、日韓戦よ! それとやっぱり51番ですね。日本が再び世界の頂点に立てるかどうかは、いろいろな意味で彼にかかっていると思います。 日本代表チームの合宿地の宮崎では多くのファンで盛り上がっていましたが、やはりファンの皆さんの応援が選手たちの一番の力になります。チケットはまだまだ手に入るようですから、ぜひ試合会場にも足を運んでもらいたいですね。今回のWBCも日本の優勝を信じて、皆さんで応援しましょう!





コータ ブログ「コータ姐の涙と笑いのトランスジェンダー道」 http://ameblo.jp/bloomykota/

株式会社GBプロモーション http://www.gbp2005.jp/

  ページ上部へ戻る
WBCの内幕 WBCの内幕
〜日本球界を開国した人々〜


スポーツビジネスコメンテーター コータ 著
定価(本体1400円+税)
四六判・並製・192頁
ISBN978-4-87290-402-4
本の購入はこちら

広告ギャラリー書店様へ会社概要採用情報サイトマッププライバシーポリシーお問い合せ
Copyright(C) 2006 WAVE Publishers Co., Ltd. All Right Reserved.